肌育コラム

COLUMN
2018.04.18

ホルモンが原因で敏感肌に!?
生理前から始めるスキンケア対策

ホルモンが原因で敏感肌に!?

急に吹き出物が増えると生理が始まるサイン。生理中は肌がいつも使っている化粧品に刺激を感じたり、ひどくなると赤くなってしまってしまうことも…。

生理の前や生理中は肌が揺らぎがち。ただでさえ気分も体調がすぐれない時期に肌の調子まで悪くなると、さらにブルーな気分になってしまいます。

生理にまつわる肌荒れは、生理周期で変動する女性ホルモンの動きが影響しています。毎月のこととはいえ、肌荒れが起こると不安になるもの。予防する方法はないのでしょうか。

顎ニキビ発生!肌がぴりつく!

ホルモンは体や肌にどのような影響を与えるのでしょう。

女性の体は卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つのバランスを取り合うことによってコントロールされています。この2つのホルモンは周期的に増減を繰り返していて、心身ともにその影響を受けているのです。

2つのホルモンは周期的に増減を繰り返す

【卵胞ホルモン(エストロゲン)】
月経後、排卵に向かって分泌・増加し、月経の直前に急激に減少する。

乳房を発達させて、妊娠や出産に適した体型を作ります。ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進するため、肌に潤いやハリを与えると考えられています。骨を強くし、コレステロールの増加を抑える働きも。

【黄体ホルモン(プロゲステロン)】
排卵後に黄体が形成されてから、次の月経の直前まで分泌される。

妊娠に備えて体温を上げ、体内に水分や栄養を蓄える働きがあるため、顔や体がむくみやすくなったり便秘を引き起こすことも。皮脂の分泌を活発にする働きがあるため吹き出物の原因に。

ホルモンの影響を強く受ける生理前から生理中は「肌荒れ危険期間」です。しかし、その原因となるホルモンが違います。つまり、いつものスキンケアが合わなくなるだけでなく、この短い期間でも肌のケア方法を変えるべきということでもあるのです。

ホルモンバランスが影響されやすい女性にとって、スキンケアは「攻め」と「守り」の時期を知ることが第一歩。ホルモンによる乱れの影響で生理の前後は約1週間ごとに肌の状態は変わります。それぞれ期間中にどんなスキンケアを心がけるべきでしょうか。

●生理前=イライラオイリー肌
・ニキビ予防
・紫外線対策
生理直前のこの時期は、黄体ホルモンの影響で肌がオイリーに傾き角質層も厚くなってきます。また、ニキビの原因菌から肌を守る「抗菌ペプチド」が減少し始めるため、ニキビや吹き出物に要注意です。加えて、黄体ホルモンはメラニンの生成を促す働きもあるためシミ・そばかすができやすくなります。
この時期は肌を清潔にすること、そしてこれ以上の皮脂の過剰分泌を食い止めるために保湿が大切です。紫外線ケアも念入りに行いましょう。

●生理中=ガサガサ敏感肌
・保湿ケア
・敏感肌対応
生理中は、黄体ホルモンが減ると同時に卵胞ホルモンも減少します。さらに血流が滞りがちで基礎体温が下がるため、肌が乾燥し肌バリアの機能が最も弱くなります。普段はそうでなくても、この時期は敏感肌になっている状態と同じ。ピーリングや美白化粧品などの刺激の強いケアはご法度です。保湿重視のやさしいケアをするのが正解。

●排卵前(生理終了後1週間ごろ)=しっとりピカピカ肌
・角質ケア
・“攻め”美容
生理が終わったこの時期は、卵胞ホルモンの分泌がピークに。肌トラブルが少なく比較的肌の状態が整いやすい時期になります。そのため、角質ケアをしたり新しいスキンケアを試すならば、の時期がおすすめです。積極的にキレイを目指しましょう!

なんと1か月のうち2週間も肌荒れ期間があるという現実…。少しでも肌荒れを予防しておく方法はないのでしょうか。その都度の「対処スキンケア」だけでなく普段の生活習慣でも事前に影響を抑える方法があるのです!

アイデア① 食事に気を付ける

美肌の元である卵胞ホルモンは、生理中にかけてどんどん減っていきます。卵胞ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つことで知られる栄養素といえば、大豆などに含まれるイソフラボンです。イソフラボンは生理前から意識的に摂るのがおすすめです。加えて、皮脂の代謝を促すビタミンB群、コラーゲンの生成をサポートするビタミンCもたっぷりと。なお、生理前は皮脂の分泌量が増えるため油分や甘い物は控えめにしましょう。生理中は体温が下がりやすいので体を温める食事を心がけることが大切です。

アイデア② 睡眠の質を上げる

生理前後は睡眠の質が下がってしまいます。生理前は、黄体ホルモン、プロゲステロンの影響で眠気を感じるにも変わらず体温が上がっているため睡眠が浅くなりがちです。一方、生理中はそのプロゲステロンが減少してしまうので寝付きにくくなります。寝不足が続くと生理で消耗した体が休まらないばかりか、男性ホルモンを活性化し皮脂の分泌量が増えて肌荒れの原因を増やすことに。普段から夜のカフェインは控える、早めにお風呂に入るなど、睡眠の質を上げてよう心がけるようにしましょう。

アイデア③ 普段のスキンケアで肌バリア強化

生理中のホルモンバランスの崩れは避けられないもの。もともとの肌の状態が整っていなかった場合は、その影響を強く受けてしまいます。そのため、普段のスキンケアから肌のバリア機能を意識しておくことが、生理時のホルモンの影響を最小限に食い止める秘策になります。

それには…

・外的要因=乾燥、スキンケアなどの摩擦、紫外線、化粧品成分の刺激などから肌を守る
・内的要因=ストレスや疲労などをためておかない
・肌に水分を「与えて逃がさない」保湿ケアを徹底する

生理期間に限らずこの3つを徹底すること。普段のケアの見直しはもちろん、スキンケアアイテムを見直すのも大切です。

生理期間の憂鬱をひとつ減らせるかも

生理期間中は肌だけでなく体も心も消耗し辛い思いをする人も少なくありません。スキンケアすることさえ億劫になってしまうことも…。でも、ホルモンの特徴を知っておけば、対処できることもあります。女性にとっては大切なこの時期だからこそ、積極的に自分の肌や体の変化に注目してみましょう。生理期間の憂鬱をひとつ減らせるかもしれません。

▲このページのTOPに戻る