肌育コラム

COLUMN
2018.04.18

ストレスは肌荒れのもと!?心と肌トラブルの意外な関係

原因はストレスかも

寝不足が続いたり疲れが溜まったりしてくると、テキメンに肌に表れるもの。メイクのノリも悪くなるため、気分も暗くなりがちです。

いつも以上に入念なケアをしても改善されないひどい肌荒れ、その原因はストレスかもしれません。

健康な肌では、「ターンオーバー」という肌が生まれ変わるシステムがきちんと働いています。

しかし、疲労や睡眠不足などの身体的なストレスや、仕事や人間関係の悩みなどの精神的なストレスを受けると、あなたの体ではこのようなことが起こります。

ターンオーバーの仕組み

■体内の活動を調整する自律神経の働きが乱れる

●血行不良により肌に栄養が行きわたらない
⇒肌のターンオーバーが正常に行われない

●ホルモンバランスが乱れることから、皮脂が出すぎたり毛穴がつまりやすくなったりなる
⇒肌の水分と油分のバランスが保たれず、肌のバリア機能が低下する

つまり、ストレスにより肌のターンオーバーが乱れたり、肌環境のバランスが乱れることが、手ごわい肌荒れの根本的な原因なのです。

まずはストレス解消から

肌のサイクルをこれ以上乱さないコスメを選んだり、血行をよくするマッサージを取り入れることが大切。

ですが・・・

ストレスが原因の肌荒れには、コスメだけでは太刀打ちできません。
まずはため込んでしまったストレスを解消し、体の調子を整えることが大切です。
睡眠をしっかり取ったり、体の疲れをとるためにゆっくり入浴をしたり、バランスのよい食事を摂るなど、生活習慣を改善するよう心がけましょう。
好きな音楽を聴いたり、アロマテラピーで心地よさを味わったり、お休みの日には自然を感じられるスポットへ出かけるなど、心のケアもお忘れなく。
また、ストレスがかかっているときは交感神経が緊張し浅く速い呼吸になっています。
普段から緊張しやすかったり、多忙やプレッシャーで息が詰まったり、満員電車の中で息ができなくなったりしていませんか? ストレスを感じたら、意識して深く長い呼吸を心がけてみましょう。
メイクアップは精神的ストレスの緩和効果がある(*)という研究結果もあります。ゆったりと呼吸しながらいつもより丁寧なスキンケアを行うことも、ストレス緩和が期待できます。

(* J. Soc. Cosmet. Chem.Jpn Vol.42, No.2 2008)

心と体を癒すことが美肌への特効薬

心の状態は肌の状態とつながっています。
多少のストレスは人生を豊かにしますが、過剰なストレスは禁物。
自分を癒してストレスを解消し、自律神経を整え肌のターンオーバーを正常化させることで、肌が本来持っている機能と美しさを発揮できるのです。

優しく丁寧な肌のケアを心がけると同時に、ストレスのない健康な心と体を保つことが、美肌への一番の近道です。

▲このページのTOPに戻る