肌育コラム

COLUMN
2018.06.25

敏感肌のエイジングケア【生活習慣の改善で若々しい肌へ】

敏感肌のエイジングケア【生活習慣の改善で若々しい肌へ】

年齢とともに気になるシワやシミ、たるみ、くすみなどのエイジングサイン。エイジングケア化粧品を使って積極的にお手入れをしたくても、肌が敏感でいろいろ塗り重ねるのは怖い…、という方のために、化粧品だけに頼らないエイジングケア方法を紹介します。食生活や睡眠など生活習慣の見直しもエイジングケアではとっても大切です。全方位的なアプローチで若々しさを保つ「エイジングケア」をはじめてみませんか?

まずは、特別なことをしなくてもスキンケアの基本的なことをていねいに行うことでできる「エイジングケア」方法から。

保湿ケアが基本

加齢によって起こる肌トラブルの大半は「乾燥」が原因です。年齢を重ねるにつれ、肌の水分も油分も減り、肌のバリア機能が弱くなってしまいます。
そこで大切になるのが「水分と油分での保湿ケア」です。若々しい美肌を保つためには水分だけでなく、油分のケアを徹底し、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。
正しい保湿ケアを徹底することで肌のバリア機能が整い、ホコリや雑菌などの外的要因に影響されにくい肌を保ちやすくなる効果もあります。

また、ターンオーバーを整えることもエイジングケアでは重要なポイント。加齢によってターンオーバーの周期が遅れやすく、古くなった角質が肌に溜まると、くすみやごわつきの原因となってしまいます。
肌にやさしい角質ケアをプラスし、ターンオーバーのサイクルを整えることで、保湿・美容成分の浸透しやすい柔らかい肌を保ちやすくなります。

若々しく健やかな肌を保つために「保湿ケア」を見直し、バリア機能を整えるようにしてみましょう。

紫外線対策は万全に

シミだけでなく、シワやたるみを引き起こす「光老化」。
光老化とは、主に紫外線をはじめとする太陽光線の影響によって起こる老化のこと。
紫外線にさらされる部分にシミやシワ、肌のゴワつきやくすみなどの症状があらわれます。

光老化によるたるみの原因となるのがUV-Aという紫外線です。UV-Aは季節・天気を問わず1年中降り注いでいるため、1年中継続して紫外線から肌を守ることが大切です。
UV-Aは屋内にいてもガラスを通り抜けてしまうので、油断せずにしっかり紫外線対策をするようにしましょう。
UV-Aを防ぐ効果の目安となるのが化粧品に表示されているPA値。SPFはUV-Bを防ぐ効果を数値化したものです。
その日の予定や肌の状態に合わせ、適切な日焼け止めを使うようにしましょう。

大気汚染から肌を守ることも大切

大気汚染とは、車の排気ガスや工場の煙、タバコの煙、黄砂、PM2.5など、人体に良くない化学物質が空気中に飛散している状態です。
化学物質が肌に触れることで刺激になり、バリア機能に悪影響を与えてしまうため、肌の乾燥につながります。
肌のバリア機能を高めて大気汚染に負けない肌を保つようにすることが大切です。

肌が敏感なため、エイジングケア成分を配合したスキンケアに刺激がありそうで使うのが怖い。あるいは、エイジングケアのためにお手入れのステップやアイテムを増やすのが面倒な方もいるかと思います。

そんな方は肌にやさしい自然派コスメで保湿ケアを徹底するほかに、生活習慣に気をつけてみることで、若々しい肌を保ちやすくなる可能性も大いにあります。
エイジングケアは化粧品だけに頼らず、食生活や糖化・酸化を防ぐ生活習慣を心がけることで、見た目だけでなく内側からあふれる若々しさを手に入れましょう。

化粧品を使わないエイジングケアとは?

栄養バランスの乱れや睡眠の質の低下、大気汚染やタバコの煙など、日常生活には肌老化の原因となる要素がたくさんあります。
エイジング化粧品に頼らずとも、インナーケアを徹底することで若々しい肌を保つことができるかもしれません。
ここでは、すぐに実践しやすい食生活、糖化・酸化ケア方法を紹介します。

・食生活を見直して若々しく!

食生活を見直して若々しく!

皮膚は人体最大の臓器と呼ばれ、体内の調子は皮膚のコンディションにも表れます。
皮膚や粘膜を強くしたり、肌のターンオーバーを整えるのに欠かせない栄養、ビタミンやミネラル、タンパク質が十分にバランスよく摂取できていることが大切です。

●ビタミンを補給しよう!
肌のターンオーバーに関わるのは、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなど。
それぞれの働きと、含まれる食材などを参考に、積極的に摂取するようにしてみましょう。

<ビタミンA>
肌の粘膜に働くことで、免疫機能を保ち、健康な状態を維持することに役立つのがビタミンAです。ビタミンAが不足すると、肌や粘膜の乾燥につながります。チーズや卵、緑黄色野菜、ウナギなどに多く含まれています。

<ビタミンB群>
肌の乾燥対策として特に意識して摂りたいのがビタミンB2とB6です。肌粘膜の健康を守り、湿疹や口角炎、口内炎などのトラブルを防ぐ役割があります。ビタミンB2は卵や納豆、乳、葉物野菜に多く、ビタミンB6は肉やカツオ、マグロ、バナナなどに多く含まれています。

<ビタミンC>
肌の弾力を保ち、コラーゲンの生成に必要となる成分で、保湿に役立つのがビタミンCです。
ビタミンCが不足すると、免疫力の低下を招き、肌も健康な状態を維持できなくなってしまいます。柑橘系のフルーツ、イチゴ、キウイ、緑黄野菜、イモ類に多く含まれています。

<ビタミンE>
肌の血行を促進し、代謝を高めるとともに、活性酸素から細胞を守る抗酸化作用を発揮するのがビタミンEです。
身体を形成する約60兆個の細胞全てにとって大切なビタミンです。イワシなどの魚介類、イクラ、ウナグ、ナッツ類、カボチャ、アボカドなどに多く含まれています。

ちなみにストレス時に多くつくられる副腎皮質ホルモンの生成やアルコールを代謝させる際・喫煙によってビタミンCが消費されるので、摂ったビタミンが無駄遣いされないように(?)お酒の飲みすぎや喫煙・ストレスのため過ぎにも注意してくださいね。

●ミネラル「亜鉛」も重要!
ミネラルの中でも「亜鉛」は健康な肌を育てるために重要です。
肌細胞の生まれ変わりに必要となる酵素の成分で、新陳代謝の中で重要な役割を果たしています。
亜鉛はカキやレバー牛肉、卵、チーズなどに多く含まれています。

ただし、亜鉛の過剰摂取は貧血、胃の不調を引き起こす可能性があります。1日の亜鉛摂取推奨量は18歳以上の女性で8mgとされていますので、サプリメントなどで補う場合には注意してくださいね。

・「糖化」と「酸化」を防ぐインナーケア

「糖化」と「酸化」を防ぐインナーケア

若々しい肌を保つためには「糖化」と「酸化」を防ぐことも大切です。

「糖化」とは、体内のタンパク質と糖が結び付き、劣化したタンパク質(AGEs)が生成され、体内に蓄積する現象。糖化が進むと肌がくすみやすくなります。
糖化を予防するためには、糖の摂取をやめるのではなく、劣化したタンパク質(AGEs)の溜まりにくいカラダ作りが必要です。
食生活を見直し、バランスの良い食事を心がけ、血糖値の上昇を抑えることで糖化予防につながります。

「酸化」とは、いわゆる"サビ"のこと。脂質と結びつくことで、シミやシワなどの肌老化を引き起こします。
酸化を予防するためには、外部ストレス、内部ストレスからカラダを守り、抗酸化作用のあるものを積極的に摂るようにしましょう。

また、肌は眠っている間に作られるので、質のよい十分な睡眠はインナーケアに必要不可欠です。

化粧品に頼らないエイジングケア方法について紹介しましたがいかがでしたか?
敏感肌の方でも、肌の保湿を徹底してバリア機能を高め、肌老化の原因となる紫外線、糖化・酸化、大気汚染を防ぎながら食生活を見直すことで、若々しい肌を保ちやすくなるはずです。ぜひ今日から少しずつ実践してみてくださいね!

▲このページのTOPに戻る