肌育コラム

COLUMN
2018.08.30

肌断食。
成功する人・後悔する人!

肌断食。成功する人・後悔する人!

毎日のスキンケアにどれぐらい手間をかけ、どんなアイテムを使っていますか? 肌のメカニズムが解明され、スキンケアアイテムは日進月歩どんどん進化しています。一方で、メイクやスキンケアによってかかる肌への負担も無視できません。そんな中、注目されている美容法「肌断食」。

強い負担と、過保護なケア化粧品が肌を劣化させる⁉

肌断食とは、シンプルにいうと「化粧品を使うことを一切やめる」こと。
メイクはもちろん、毎日のスキンケアさえNGという“美容法”です。

肌を美しくするためにスキンケアをやめるの? と疑問を持たれるかもしれません。

クレンジングでメイクを落とし、洗顔料で洗って、化粧水で潤し…。肌の状態を整えるために続けてきたスキンケアが、実は肌を過保護にしているという考えが「肌断食」のベースになっています。

また、化粧品に配合されている成分の中で、実は肌に負担・刺激を与える可能性があるものも。

こういった化粧品から受ける負担を一切排除することで肌本来の力を取り戻すことを目的としている肌断食。

正しく行うことで、肌の機能を高め、肌の状態が安定しやすくなります。また、今まで美容にかけていた手間と時間、そしてお金が節約できるということにも!

その方法で肌の力は取り戻せる?肌質やライフスタイルで選ぶ3つの肌断食の方法

肌断食はいいことづくめ! かと思いきや、実はそうでもありません。
「肌断食」をキーワードにweb検索すると“失敗”の文字だらけ。しかも、失敗した人の肌が、目を覆いたくなるような惨事になっていることも少なくありません。

肌断食の方法は、「とにかく何もつけない」というストイックなものから、週末だけ、夜だけといったプチ断食までさまざま。いずれにしても、肌の状態を変えるために一定期間続ける必要があります。実はその過程で、過保護の状態から放り出された肌が一時的に荒れてしまう人が多くいらっしゃいます。

特に、乾燥気味の肌の人は、要注意。いきなすべてのケアをやめてしまうと肌を守るものがなにもなくなってしまうため刺激をモロに受けてしまいます。
肌断食を成功させるには、自分の肌が肌断食に適している状態か、また、どの方法が合っているかを見極めるのがポイントになります。
肌断食の代表的なのが以下の3つです。

【1】徹底的な化粧品オフ
医師の宇津木龍一さん考案の「宇津木式」と呼ばれる方法。すべての化粧品をやめ、以後もずっと化粧品を断つ肌断食を言います。スキンケアはぬるま湯で洗顔のみ行うのが基本。乾燥する場合は少量のワセリンを塗ってもOKですが、メイクも日焼け止めもNGです。開始して2か月間に起こる肌荒れを乗り越えれば、毛穴レスのツルツル肌を保てるといわれています。

[おすすめの人]
肌が強く、もともと化粧品・メイクをあまり使っていない人、皮脂がしっかり分泌できる肌質の方向け。

【2】週末肌断食
美容家の佐伯チズさんがおすすめしていた方法。金曜日の夜にメイクを落としてから、日曜日の夜まで一切何もつけずに肌を休めます。肌がつっぱるときのみ油分をごく少量を補います。肌質を改善するというより、1週間の肌疲れをリセットする、スキンケアの延長のイメージです。

[おすすめの人]
平日“にきちんとメイク”を避けられない人、スキンケアを見直したい人、肌の強さに自信がない人はまず週末だけ試してみるのが◎。

【3】夜だけ断食
「肌は夜育つ」という観点から、夜だけ化粧品の使用をやめる方法。いつもどおりにメイクを落としたら何もつけずに就寝し、翌朝は普段通りのスキンケアをしてOK。メイクをする場合は純石鹸でも落とせるミネラルファンデーションなどを使い、クレンジングを使わなくて済むようにするのがコツ。美容液やクリームに頼らない肌に戻すのが目標です。

[おすすめの人]
日中は薄化粧でOKな人。皮脂がしっかり分泌できる肌質の方向け。

こんな人はおすすめしません!肌断食が失敗しやすい人とは?

肌断食を失敗しやすい人はどんな人でしょうか?



●肌バリア力が弱い人
肌断食は、肌本来持っている力を取り戻す美容法。そのため、肌バリア力が弱い人(皮脂分泌量が少ない・皮膚がうすい)が保湿しないでいると肌に負担をかけてしまう可能性があります。ケミカルな成分を排除すること自体は、肌が弱い人にとっても悪いことではないので、肌の調子を常に観察して無理をしないことが大切です。

●生活習慣が乱れている人
偏った食生活をしている人や、寝不足の人、運動不足で肌だけでなく体の回復力が落ちている人は、効果が出にくかったり肌荒れの時間が長期化することも。
肌断食を行うなら、まずは生活習慣の見直しから。体の素地を整えておくことが成功の秘訣です。

●日頃、しっかりメイクが必須な人
仕事の関係や自身の趣向でしっかりメイク・崩れにくいメイクをしている場合、そのメイクを落とすのに洗浄力の高いクレンジングが必要になるため、肌のそのものが持っている皮脂なども洗い流されて肌バリアが弱い状態になってしまうことも。
いきなりすべてをやめてしまうのではなく、日中のメイクに見合う最適な洗浄力のクレンジングを見つけることから始めてみましょう。

肌断食には、メリットもデメリットも両方あります。
肌の悩みをどうにかしなくてはと、必死に塗り重ねることに一時的に離れ、自分の肌を知り、どう付き合っていくか。スキンケアを見直すきっかけとして取り入れてみるといいかもしれません。
その上で、自分にとって大切なスキンケアステップやアイテムを厳選し、日ごろのお手入れの時間をより良質なものにしていきましょう。

▲このページのTOPに戻る