肌育コラム

COLUMN
2018.09.28NEW!

肌荒れの原因は自律神経の乱れかも!?
【対策方法を徹底解説】

肌荒れの原因は自律神経の乱れかも!?【対策方法を徹底解説】

最近こんな症状を感じる方は多いのではないでしょうか?

・低気圧が近づくと体がだるい
・生理期間が乱れがち
・睡眠が浅い
・季節の変わり目には日々の寒暖差に体がついていけない
・こんなに私の体って弱かったっけ?と思うほどの疲労感
・疲れがたまっているのか肌荒れを繰り返していて、気分がのらない。

こういう症状で困っている方は多いのではないでしょうか?加えて、秋から冬に向けて空気の乾燥が進み、肌荒れを起こしやすくなってきますよね。上に書いたようなお悩みを抱えている方、あるいは最近肌荒れがなかなかよくならないと悩んでいる方はもしかすると “自律神経の乱れ”が原因かもしれません。

そこで今回は、自律神経と肌荒れについて、わかりやすく解説しようと思います。

顔の肌荒れとは、一般的に肌が不健康な状態になっていることを言います。
具体的な症状としては、

・肌がカサカサする
・肌が赤くなる
・肌にかゆみが出る
・肌がゴワゴワする
・肌にニキビができる
・肌がくすむ
・毛穴の開きや黒ずみ

このような症状があげられます。

さまざまなタイプの肌荒れ症状がありますが、
考えられる原因は

・肌に合わないスキンケア
・肌に合わないメイク
・紫外線などの外部刺激
・栄養不足
・生活習慣の乱れ
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス
・妊娠、出産

などが考えられます。

肌荒れの原因は自律神経の乱れにもあった!?

肌荒れの原因となる生活習慣の乱れ、ストレスは“自律神経の乱れ”を引き起こして肌や体調の不調を引き起こしている可能性が考えられます。

「自律神経」とは、内臓や血管の働きをコントロールしている神経。

眠っている間も心臓や呼吸が止まらずに働き続けてくれるのも、暑いときに自然に汗が出たり、びっくりしたときに心臓がドキドキするのも、すべて自律神経の働きによるものです。この自律神経が体をコントロールしているおかげで、あらゆる環境に適応し、健康を維持することができるのです。

自律神経には、主に昼間の活動時に活発な「交感神経」と、主に夜、リラックス時に活発な「副交感神経」があり、環境や時間帯など、その場の状況に応じてどちらかが働き、どちらかは力を弱めています。

その2つのバランスを損なってしまうのが、いわゆる「自律神経の乱れ」です。
不規則な生活やストレスによって自律神経の働きが乱れてしまうと、肌や体の器官に様々な不調が現われてしまいます。

例えば、体の緊張感が高まって夜でも交感神経が優位になると、なかなか寝付けなくなって寝不足になってしまったり、自律神経のバランスが崩れることで腸内環境が乱れたりしてしまいます。

ハードワークで夜遅くまで仕事をし、深く眠ることができず、翌朝も疲れが残ってしまう。
SNSやゲームなどに夢中で就寝時間が遅くなり、もう寝たいのになかなか寝付けない。
身に覚えはありませんか?(ないことを祈りますが・・・)

自律神経の乱れは、寝不足や腸内環境の乱れを引き起こし、肌荒れの原因となってしまうのです。

自律神経の乱れチェック

以下の項目にチェックが多いほど、自律神経の乱れが疑われます。
あなたはいくつ当てはまるでしょうか?

□昼夜が逆転した生活をしている
□睡眠不足が続いている
□仕事や勉強の成績が不振で悩んでいる
□食事は手早く食べることが多く、朝や昼を抜いたり不規則である
□人間関係に悩んでいる
□生活面での大きな変化があった
□最近ショックなことがあった
□健康に不安がある
□運動不足だ
□季節の変わり目に体調を崩すことが多い
□急に汗ばんだり、体温調節がうまくできないことがある
□やる気が出ない
□肩こりがひどい
□食欲がない

自律神経の乱れによる症状は人によってさまざまです。

交感神経の高まってストレスが続くことで交感神経が興奮状態となり、副交感神経が十分働けなくなると、睡眠の質が落ち、胃腸の調子もダウン、血行不良が生じて様々な全身症状が起こってくると考えられています。

肌荒れだけでなく、体調にも影響するので自律神経の乱れていると考えられる場合は、まず自律神経を整えることを意識してみましょう。

ここでは生活習慣と食生活の改善による具体的な対策方法を紹介します。

どれも規則正しさなどが求められるものが多いですが、心身の健康のためには大切なことです。少しずつでも実践できるように今の生活習慣をできることから少しずつ調整してみてくださいね。

1.生活習慣の見直し

肌荒れしにくい肌を保つためには、睡眠や入浴、運動、ストレスケアなど生活全般を見直すことも大切です。下記のポイントを確認しておきましょう。

<睡眠>

<睡眠>

睡眠不足は肌にとって大敵。肌の新陳代謝を活発にする成長ホルモンは就寝後、最初のノンレム睡眠90分と、レム睡眠90分の合計180分(3時間)に多く分泌されます。

※深く眠るポイント※
・就寝前2時間は食べ物を口にしない(就寝時には血糖値が下がった状態にしましょう)
・就寝1時間前に入浴して身体を温め、眠るころに体温が下がるように調整する
・就寝前の1時間は脳を覚醒するようなことをしない

目覚めたときに、太陽の光を浴びることでメラトニンという睡眠ホルモンが抑えられ、その後14時間ほどで分泌されて眠くなるため、生活リズムを整えやすくなります。
就寝後3時間の眠りの質を高めて成長ホルモンを分泌させ、肌をしっかり回復させることも大切です。

<入浴>

<入浴>

入浴することで血行が良くなり、肌の新陳代謝も高まるので肌荒れ対策に効果的です。

朝にお風呂に浸かることで交感神経を高めやすくなります。温度は高すぎず、39~41℃くらいがおすすめ。

夜は38℃以下のぬるめのお湯に長く浸かってリラックス。副交感神経が活発になります。
また、入浴時に注意したいのは、湯船の温度と洗いすぎです。

熱すぎるお湯に長時間浸かると、肌が乾燥しやすくなり、肌荒れの原因になりかねません。顔やカラダをゴシゴシ洗うのもNG。汚れを落とそうと強くこすって洗うのも肌のバリア機能低下につながり、肌荒れの原因となってしまいます。さらに、身体(内臓)をあたため過ぎると眠れなくなるので寝る2~3時間前までに入浴をすませましょう。

<ストレス解消>

<ストレス解消>

ストレスによる自律神経の乱れは、血行不良につながり、ターンオーバーが滞り、肌荒れの原因となってしまいます。

また、ストレスによって男性ホルモンを分泌されると、皮脂の分泌量が多くなり、ニキビなどの肌荒れを起こしやすくなることも。

ストレスへの対処に3つの「R」が大切と言われています。

・Rest 休息
・Recreation 娯楽
・Relax 休養

どれかが必要なのではなく、どれもバランスよく必要です。

毎日、無理なく続けられるちょっとした娯楽や自分にとっての休養(アロマ・ストレッチなど)、そして休息(睡眠)。

自分に合ったストレス発散方法を見つけて、溜めずに解消するように心がけたいですね!

2.バランスのよい食事

2.バランスのよい食事

肌荒れをしにくい肌を育み、肌荒れを起こしても回復しやすい状態を保つためには、バランスのよい食事も大切な要素です。

肌のターンオーバーを促すビタミンやミネラルを積極的に摂るようにしましょう。肌の生まれ変わりを助け、肌荒れ予防にもつながります。

納豆や味噌などの発酵食品を食べることで腸が元気になるため、自律神経を整えやすくなります。

疲労とストレスを溜めない生活が肌荒れ対策に

疲労やストレスにくじけずにバリバリ頑張ることが、自律神経を乱して自分の体や心をボロボロにしているかもしれないなんて悲しすぎます。

自律神経を整えることを意識して、肌も心も元気にイキイキとみずみずしく過ごしていきたいですね。

▲このページのTOPに戻る