肌育コラム

COLUMN
2019.6.19

やっぱり?!
ストレスが引き起こす肌荒れ・敏感肌

ストレスが引き起こす肌荒れ・敏感肌

ストレスが肌のコンディションにも影響することを過去にもコラムで紹介しましたが、さらに恐ろしいことに「敏感肌」の原因になることをご存知ですか。

「なんとなく、そんな気はしていた」という方も多いかと思いますが、改めてそのメカニズムを知り、肌とこころの健康のためにストレス発散したり、自分を大切にする時間を作ることに真剣に取り組むきっかけになれば幸いです!

まず「敏感肌」って、どんな状態の肌?

「すぐ赤くなる」「ヒリヒリしちゃう」敏感肌の方がよく言う、こういったトラブル。
肌が健康的な状態な人に比べて、何が足りないがためにこういったことが起こってしまうのでしょうか。
実は「敏感肌」という言葉に確立された定義はないのですが、皮膚科の診療内容などをまとめると『ドライスキンで角質層のバリア機能が低下しているために刺激を受けやすく、その刺激から炎症を起こしてトラブルになりやすい肌質』と考えられています。

参考文献:伊藤正俊,皮膚科医から見た敏感肌の皮膚科学的考察とその対策,Fragrance Journal, 30(10),11~16(2002)

こういった敏感肌の悩みを抱えている方は敏感肌でない方に比べ、頬の水分蒸散量が高く、角層の水分量は低い。さらに不特定のアレルゲンに反応しやすいか測定する検査では、強いアレルギー反応を起こしやすいという試験結果も出ています。

参考文献:須貝一郎,敏感肌の皮膚生理的特徴,Fragrance Journal, 30(10),29~36(2002)

原因にかかわらず、敏感肌のお手入れに大切なのは

角層のうるおいを保つこと
うるおいが逃げていかないようバリア機能を保つこと

だということがよくわかりますね。

しかし保湿をしっかり行い、スキンケアを徹底している方は多いにもかかわらず「敏感肌トラブル」で悩む方は増えているように感じます。

このスキンケアだけではカバーしきれない「ストレス肌荒れ」はどんな仕組みで起こるのでしょうか。

こころのストレスが肌のバリア機能にも影響する!

皮膚は分泌されるホルモンやこころのストレスの影響を受けやすい器官と言われています。

また、こういったストレスにより、皮膚のバリア機能がダメージを受けた際の回復が遅くなることや、緊張・不安・混乱・落ち込みが続くと角層の水分が低下し、肌状態が不調になるという解析もあります。

参考文献:市川秀之,針谷穀,敏感肌の皮膚特性とストレスの関与について,Fragrance Journal, 30(10),43~48(2002)

紫外線やエイジングなどで日々ダメージを受けている肌が精神的なストレスによって、肌の修復力が衰えるだけでなく、乾燥してしまい肌の調子がどんどん崩れていく…これがストレスによる肌荒れ「ストレス肌荒れ」の仕組みです。

ちなみに、入院を要するアトピー性皮膚炎の患者の約80%が「ストレスが皮膚症状の悪化に関与した」と答えたという報告もあるそうです。

参考文献:檜垣祐子他,日皮会誌,110,27 (2000)

「ストレス肌荒れ」の仕組みが分かっても、ストレス源を完全になくすことは難しいですよね。

では、スキンケアで肌のコンディションを少しでもリカバリーするには、何に気をつければよいのでしょう。

メイク・スキンケアのトータルでみて「バリア機能」を壊さない

こういった時、「よく落ちるクレンジングはバリア機能を壊すから使ってはいけない」などといった結論に走りがちです。



しかし、日中に化粧直しの時間が取れずメイク崩れも許されない方であれば、「崩れ(落ち)にくいメイク用品」が必要になり、「よく落ちるクレンジング」が必須になり、それは仕方のないこと。

メイク用品を変えることが肌にとっては望ましいのですが、強い洗浄成分で肌バリアにダメージを与えてしまったと思ったら…美容オイル・クリームなどをたっぷり使って肌バリア機能を補い、バランスをとることをおすすめします。

肌バリア機能を果たすものは皮脂膜の他に、皮膚常在菌整った角質層といった要素があります。

スクラブやゴマージュのしすぎ・こすり洗いといった、必要以上に角質除去するようなスキンケアも避けてくださいね。

また、皮膚常在菌に関してですが、自身の肌質やメイクなどにあった適切な洗浄成分のクレンジング剤や洗顔料を選んでいただければ「育菌」を過剰に意識せずとも皮膚の環境がおのずと整ってきます。

化粧品成分の肌負担や刺激が気になる方は、こちらの記事をあわせて読んでみてくださいね。

肌育コラム 『化粧品成分と肌』目次 : https://ruhaku.jp/column/columnlist_ingredients

メイク・スキンケアのトータルでみて「バリア機能」を壊さない

最後に、スキンケアの枠を超えたお話になりますが

食と栄養睡眠運動生活習慣環境ストレス管理、そして健康的な人間関係「ソーシャル・キャピタル(社会的な資産)」と呼び、心と体の健康に必要な要素とされています。

適度な緊張・不安などのストレスは人生を豊かにしますが、肌のコンディションが乱れるほど心に負荷がかかっているのなら、差し出がましいことを申しますがスキンケアよりなにより生活や環境を見直してみてくださいね。

▲このページのTOPに戻る