肌育コラム

COLUMN
【 PR 】

過剰なスキンケアによる“肌疲れ”
【オーガニックコスメで肌をいたわる】

過剰なスキンケアで肌が疲れてしまった方に【自然派化粧品で肌をいたわろう】

気になる肌悩みに応じて、高機能なスキンケア化粧品をいくつも塗っていませんか?そんな方は過剰なスキンケアで肌が疲れてしまっている可能性も!オススメの対策方法を紹介します。

「化粧水はたっぷり、美容液もしっかりつけ、乳液もたっぷり、さらにその上からクリームでフタをする」フルコースでお手入れしている方もいるのでは?
しかし、このようなスキンケア方法が肌にとって負担になり、肌荒れを起こす可能性も。

しっかりケアしているのに、変わらず乾燥や肌荒れニキビなどが気になる方は過剰なスキンケアによる“肌疲れ”状態かも。
そんな方には、自分の肌に合うシンプルな保湿ケアがオススメ!肌本来の持つ力を引き出し健康的な肌へ導くオーガニックコスメを紹介します。

どうしてオーガニックコスメがいいの?

・肌への負担が少ない
オーガニックコスメは、敏感になっている肌に影響が出やすい石油由来成分を極力使わず、植物から抽出したエキスやオイルを原料としています。古くから民間療法として肌のお手入れなどに使用されている草木やハーブ類が多いです。

・肌本来の持つ力を引き出す
肌本来が持っている機能を高めることに注力されているオーガニックコスメ。普段お使いの化粧品のような強い洗浄力や保湿力はなくても、肌が自ら保湿する機能を取り戻すよう働きかけます。

・天然アロマ成分によるリラックス効果も
オーガニックコスメには天然の精油(エッセンシャルオイル)が使われているものが多いです。精油の持つ整肌作用や防腐効果はもちろん、自然の持つ香りも魅力のひとつ。合成香料ではない天然の香りで、リラックス効果も得られます。

・配合されている成分を見よう!
日本にはオーガニックコスメの基準が定められていません。
そのため、少しでもオーガニック原料を配合したら「オーガニックコスメ」と表示することができます。
購入前に、オーガニック成分や天然由来成分の割合や化学成分は使われているか、オーガニック認証機関の認証を取得しているか、などを見て判断しましょう。

・必ず、自分の肌に合うかお試しを!
天然由来の成分が必ずしも肌にやさしいとは限りません。天然由来のものだからこそ、植物の有効成分が肌へダイレクトに伝わり、肌タイプによっては刺激となることも。
アレルギーのある成分が使われていないか、自分の肌タイプに合う成分かどうか見極めて選ぶことも大切です。使用前にパッチテストを行なったり、トライアルセットで短期間試してみるのもよいでしょう。

いかがでしたか?
過剰なスキンケアで“肌疲れ”状態になってしまったら、オーガニックコスメのシンプルでも上質なスキンケアを検討してみてください!

世界最大規模のオーガニック認証機関
「エコサート」認証コスメ!

国産オーガニックコスメ琉白はコチラ↓↓

国産オーガニックコスメ琉白

▲このページのTOPに戻る