お客様インタビュー05

INTERVIEWS 05
第5回目のインタビュー会。
2013年から愛用いただいている石丸りかさんにお話を伺いました!
5回目のインタビュー会
まず、琉白をどうやって見つけていただいたんですか?
インタビュアー
回答者
わたしは元々、今まで生きてきて、肌に合う化粧品に本当にあったことがなかったんです。そんな中でオーガニックの『自然のチカラをかりて肌本来のものをひきだす』というところに興味をもって…オーガニックに関してものすごく調べていたことがあったんです。
オーガニックコスメをいろいろ調べて使ってを繰り返していく中で琉白に出会って、お試しからはじめました。そうしたら、一番すっごくぐんぐん肌にはいっていったんですよ。そこで感動して。それからひとめぼれして使っています。
オーガニックコスメにハマって色々探していた理由は?
インタビュアー
回答者
すごい乾燥肌で砂漠肌なんです。常にかさかさピリピリで肌の中がもう乾燥しすぎて割れる、じゃないですけど…そんな感覚をいつも持っていました。 昔は隠してナンボの時代もあったので必死に隠すんですけど、隠せば隠すほどどんどん汚くなって。もうとにかくあらゆる化粧品を試したんですが特に潤ったっていう実感が何もなくて。
そんな中で自然の力を借りる方法として『オーガニック』というものがあるんだと知って使ってみたら、今までよりは希望を感じたんです。でも、当時使っていたオーガニックコスメの化粧水は結構さっぱりしているものが多くて、肌に入っていくのをあまり感じなかったんです。それがすごく嫌で…。
一方、琉白の月桃ローションは初めてぐんって入っていく感じがあって、びっくり!これはすごいと思いました。ちゃんと肌に入って肌の乾燥を潤してくれた感じを自分でうけたんです。ほんとに!だから未だにやめられない。今は他の化粧水は考えられない。ほんとうに好きです。
いつから超乾燥肌でお悩みだったんですか?
インタビュアー
回答者
18歳ぐらいまではそんなに気にならなかったんです。まぁ、思春期のニキビはすごかったです。とにかく油を取ってました。高校に入ってからは化粧水とか塗ることがなかったので普通でした。
なので、社会人になってメイクをしはじめてから、肌を酷使していたのかもしれません。メイクを強いクレンジングで落とすようになり、水分油分がとんで。結局、悪循環を自分で引き起こしていたのが、メイクをするようになった社会人になってからですかね。
「琉白」にどんな期待をしてお試しいただきましたか?
インタビュアー
回答者
今まで良い実感がなかったので、そんなに期待はしていなかったです。でも、オーガニックならとりこんでも悪いものじゃないから…と気軽に試しました。
オーガニック系って思いがのったものが多くて、それぞれ皆さんいろんな思いをもって開発しているじゃないですか。琉白は『実感』が先だったんですが、WEBやカタログとか読んだりして、琉白ができるまでの奥様とのやりとりを知って、こんな思いでできたんだというのも伝わって…だから未だに使っています。
いまどんな気持ちで使い続けていただいていますか?
インタビュアー
回答者
琉白は、生活の一つになっています。歯を磨くような…あたりまえのことのように。
だから、やめたら多分、乾燥がまた戻るんだろうなって(笑)もっとハリのある、潤った水分たっぷりの肌になれたらと期待しながら。
最後に、「琉白」を続けているポイントは?
インタビュアー
回答者
1つめは、商品が開発された思いのコンセプト部分に共感して。
2つめは、確実な実感・体感ができたこと。
3つめは、定期購入の便利さ。
定期購入というシステムはたくさんあるけれど、かならず6ヶ月以上つづけなくちゃいけないとか、商品は途中で変えられませんとか、やめたいと思って電話してもダメとか…融通がきかないものがすっごい多い中で、琉白は「今回はこれだけがいい。これを追加したい」とか「2ヶ月に一度でいい」っていう家の在庫状況にあわせて臨機応変に変えられるのが有難いです!!

超乾燥肌とは思えないほど、しっとりツヤツヤのお肌で笑顔のまぶしい方でした。
インタビュー後に娘さんや旦那さんもいらっしゃり、ほっこり♪今度は娘さんと一緒にインタビューさせてくださいね!

▲このページのTOPに戻る