肌育コラム

COLUMN
2018.04.18

ストレスは肌荒れのもと!?心と肌トラブルの意外な関係

原因はストレスかも

寝不足が続いたり疲れが溜まったりしてくると、肌に表れるもの。メイクのノリも悪くなるため、気分も暗くなりがちです。
いつも以上に入念なケアをしても改善されないひどい肌荒れ、その原因はストレスかもしれません。
繰り返すストレス肌荒れに悩んでいる方は、ストレスが肌に与える影響を知って、正しい対処を実践していけるようにしましょう!
今回の記事を参考にして、心も体も健康な状態を保てるようにしてくださいね。

肌荒れしているとき、あなたの体に起こっていること

それでは、肌荒れしているときにあなたの体に何が起こっているのか、ストレスの影響とともにお話していきます。

ストレスによる肌荒れで起こるのは?

最近注目されているのが、ストレスが原因で肌トラブルが起きる「ストレス肌荒れ」。ストレス肌荒れでは次のようなトラブルが起こりがちになります。

●ニキビ(吹き出物)
●極度の乾燥
●肌のくすみ
●皮脂の分泌過剰
●毛穴のつまり

上記以外にもいろいろ考えられますが、ニキビや乾燥、肌のくすみなどが起きて肌の美しさが損なわれることを「ストレス肌荒れ」と呼んでいます。

ストレスで肌トラブルが起きる理由とは?

ストレスで肌トラブルが起きる理由とは?

ストレスによって肌荒れが起きる理由は、肌の「ターンオーバー」が正常に行われなくなることと、「皮脂の分泌」が増加することです。

疲労や睡眠不足などの身体的なストレスや、仕事や人間関係の悩みなどの精神的なストレスを受けると、あなたの体の中で体内の活動を調整する「自律神経」の働きが乱れ、次のようなトラブルが起こりやすくなります。

●血行不良により肌に栄養が行きわたらない
⇒肌のターンオーバーが正常に行われない

●ホルモンバランスが乱れることから、皮脂が出すぎたり毛穴がつまりやすくなったり
⇒肌の水分と油分のバランスが保たれず、肌のバリア機能が低下する

健康な肌では「ターンオーバー」という肌が生まれ変わるシステムがきちんと働き、皮脂と水分のバランスも取れています。しかし、精神的ストレスを感じると肌環境のバランスが乱れ、手ごわい肌荒れの原因となるのですね。

ターンオーバーの乱れによる肌への影響

ターンオーバーの乱れによる肌への影響

それでは、肌のターンオーバーが乱れるとどのような影響があるのでしょうか?

肌は日々の細胞分裂で生まれる角化細胞の積み重なりでできています。その生まれ変わりのサイクルが乱れると、古い角質が剥がれにくくなり細胞の積み重なりがいびつになったり、肌が保湿因子を充分に作れなくなったり・・・。

その結果、次のような肌トラブルが起こりがちになってしまいます。

●古い角質が剥がれにくくなる

⇒肌のキメ低下やごわつきの原因になる

●古い角質によって肌が硬くなる
⇒肌の乾燥でくすみが感じられるようになる

●肌細胞の積み重なりがいびつになる
⇒肌のキメが乱れがちになる

●保湿因子が充分につくられなくなる
⇒肌の乾燥や敏感肌につながる

ターンオーバーの周期が早すぎると肌バリア力が弱まり、遅すぎると古い角質が剥がれにくくなりくすみやザラつきの原因になります。健やかな肌を保つためには、肌を育むための適切な時間が必要。ターンオーバーのサイクルが整った状態を維持するためにはスキンケアだけでなく、ストレスを上手に解消しメンタルケアにも気を配りたいものですね。

まずはストレス解消から

「ストレスが肌に表れてきた…」というときは、まずため込んでしまったストレスを解消し、体の調子を整えることを第一に考えてください。

ストレスのサインが肌に表れる

ストレスで自律神経が乱れ血行不良になると、シミやくすみ、ニキビなどがあらわれ、どことなく疲れた肌になってしまいがち。
そしてそれを放っておくと、肌荒れはさらに進行してしまうことに…。
肌にストレスサインが表れたら、心と体を休め、肌を労ってあげるようにしたいものですね。
ストレスの影響を受けているときは、忙しく睡眠不足だったり、食生活が乱れていたりすることが多いもの。
少しでも質の良い睡眠がとれるように、アロマを焚いたりヒーリングミュージックを聴いたり…と、心地よく眠りにつくための環境を整えてみてください。
また、食事の栄養バランスが乱れがちだと感じたら、サプリメントで栄養を補うこともおすすめ。
保存料・添加物が多い食事が多い方は、デトックス食材を取り入れるなどちょっとしたリカバリーを意識してみてくださいね。
肌荒れしているときのメイクは気が滅入りがちですが、メイクアップは精神的ストレスの緩和効果があるという研究結果もあります。
肌に負担の少ないコスメや、スキンケア効果の高いものを選べば、ストレス解消&スキンケアの両方が叶いますね。
肌荒れするほど頑張っている自分をほめてあげながら、メイクを楽しんでストレス和らげていきましょう。

ストレスで肌あれが進んでいる時のケアは?

ストレスによって肌荒れが進んでいるときのスキンケアのポイントは、「低刺激」「高保湿」「水分・皮脂のバランス」の3つです。

低刺激・高保湿スキンケアで肌を守ろう

ストレスでターンオーバーが乱れやすくなることは最初にお話しました。
ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下して、埃や紫外線などちょっとした刺激にも過敏に反応するようになります。
そのため、肌に強い刺激を与えないように優しく洗顔・メイクをして、保湿力の高いスキンケアアイテムで肌を守ってあげるようにしてください。

水分と皮脂のバランスをとること

肌トラブルが起きているときは、水分と皮脂をバランスよく補ってあげることもポイントですよ。
皮脂は肌内部の水分が逃げないようにフタをしてくれるもの。
せっかく化粧水で水分を補っても、皮脂が不足していれば空気中に逃げていってしまいます。
スキンケアの最後に低刺激の油分をきちんと補ってあげることで、理想的な肌環境が作られれば肌トラブルも改善していくでしょう。

荒浪 暁彦_あらなみクリニック総院長 <この記事の監修>
荒浪 暁彦
あらなみクリニック総院長
慶應義塾大学
漢方医学センター非常勤講師

【あらなみクリニック公式HP】
https://www.bihada-clinic.com/
 

浜松医科大学卒業後、同大皮膚科入局。同大皮膚科助手、関連病院医長などを経て、漢方医学、美容医学を学んだ後、静岡県島田市にあらなみクリニック開設。同院は医者が選んだ専門病院(ライフ企画)及び、オリコンメディカルでは東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)皮膚科部門で、医療水準1位、総合評価2位に選出され、全国アトピーの名医(日本医療企画)にも静岡県で唯1人選ばれた。浜松医科大学及び慶應義塾大学非常勤講師を兼務し、千葉県船橋市にも分院開設。