肌育コラム

COLUMN
2018.05.25

敏感肌にもう悩まない!注目されている沖縄の美容素材「月桃」「海ブドウ」

生まれつき肌が弱い敏感肌のためのスキンケア【今注目のコスメも紹介!】

スキンケア選びがとっても難しい敏感肌。「どうやってお手入れすればいいのかな?」と、いろいろなスキンケア商品を試している方も多いのではないでしょうか?

そこで、敏感肌の人がスキンケアを選ぶときに気をつけたいポイントや、おすすめの成分をご紹介します!自分の肌に合うスキンケアがわからないとお悩みの方はぜひ参考にして最適なスキンケアを見つけてくださいね。

敏感肌とは?

「敏感肌」とはどのような肌だと思いますか?実は、医学的には敏感肌に明確な定義はありません。一般的に敏感肌と呼ばれるのは、肌のバリア機能低下により乾燥したり、髪の毛が触れるなど少しの刺激にも影響されてしまう肌。季節の変わり目に肌トラブルが起きやすい、化粧水をつけるとヒリヒリする、体調の変化やストレスに肌が反応してしまう…などの悩みを持っている方は、敏感肌傾向といえるでしょう。

「敏感肌」に明確な定義はありませんが、肌のバリア機能低下により、乾燥や髪の毛の接触など少しの刺激にも影響されてしまう肌状態のことをいいます。幼少期から肌が弱く、生まれつき敏感肌傾向にある方は、ほんの少しの刺激でも赤みやかゆみ、湿疹が出やすく、化粧品による肌トラブルに悩まされていることも多いでしょう。気温の変化や花粉などの季節要因、体調の変化やストレスなどにも敏感に反応してしまい、トラブルが生じやすい敏感肌。
敏感肌には、バリア機能を整えて症状を和らげ、トラブルの起きにくい肌へと導くスキンケアが求められています。

肌のバリア機能とは?

肌のバリア機能とは?

敏感肌を対策するためのカギとなる「肌のバリア機能」。バリア機能とは次のような4つの要素で形成される、外部の刺激から肌を守るための仕組みです。

●皮脂
●キメの整った角層
●角層のうるおい
●皮膚常在菌バランス

「角層」とは肌のいちばん外側にある表皮のこと。つまり敏感肌を改善していくためには、肌表面をうるおった状態にして整わせることと、それを覆い保護する皮脂と皮膚常在菌のバランスをよい状態に保つことが大切となります。

この4つの中でも重要性が高いのは「皮脂」です。皮脂というとニキビの原因になるイメージがあるかもしれませんが、皮脂は皮脂膜となって肌の表面を覆ってくれることから、角層の水分を閉じ込めて乾燥を防ぎ、うるおいをキープしてくれるもの。さらに、角層のうるおいもバリア機能の改善に大きな役割を果たすといわれているので、肌にとって皮脂は欠かせない存在だといえますね。

しかし、皮脂の分泌量は年齢とともに低下してしまいます。うるおった肌を維持するためには、年齢とともに減っていく皮脂の量を補ってあげることが大切ですよ。

敏感肌のスキンケア選びで大切なこと

敏感肌を労り改善していくために最も大切なことは「スキンケアアイテム選び」でしょう。敏感肌の方がスキンケア選びでおさえておきたいことは、「うるおいを与えること」と「油分で保湿すること」。ご自身の肌にあった保湿力の高いスキンケアでうるおいをキープし、肌にあった油分でバリア機能を整えることが敏感肌改善のためのポイント!

その上で成分の処方にも注意したいものですが、広告の宣伝などを見て「なんとなく肌に優しそう…」と感じた商品を選んでしまうと少しリスクがあるかもしれませんね。

敏感肌の方は、一体どのような基準でスキンケアを選べばよいのでしょうか?押さえておきたいポイントを確認していきましょう。

低刺激な成分が配合されたもの

低刺激な成分が配合されたもの

敏感肌の方のスキンケア選びにおいて大切なことは、「低刺激な成分を選ぶこと」。敏感肌のスキンケア選びにおいてまず大切なのは、刺激になりうる成分が多く入っていないかチェックすることです。

アルコールをはじめ、パラベンなどの防腐剤や合成着色料、香料など、人によって刺激に感じる成分がそれぞれにあるので、そういった刺激になりうる成分が化粧品の全成分の冒頭に配合されていないかを確認してみましょう。※

肌への負担を極力おさえ、保湿効果の高いスキンケアでうるおいを与え、バリア機能を整えることで、肌荒れしにくい状態を保ちやすくなります。

肌や人体の健康を阻害する恐れのある成分を配合しない「オーガニック認証取得コスメ」も選択肢のひとつ。肌本来の持つ力を高め、健やかな肌をサポートするシンプルなスキンケアが数多く販売されています。ただし、自然派化粧品(オーガニックコスメ)は肌にやさしいイメージがありますが、自然由来でも刺激となる成分もあるので、敏感肌の方は注意しながら選ぶようにしましょう。

※全成分からわかることは、自分にとって刺激・あるいはアレルギーのある成分が入っているかであって、実際に刺激があるか否か・使い心地や製品の良し悪しを判断することはできません。

自分の肌に合うかチェック

自分の肌に合うかチェック

「先ほど、成分をチェックすることをおすすめしましたが、ネット上に様々な情報が飛び交う昨今。過度に成分を批判し、不安をあおるような情報を信じて過敏になっている方も・・・。

特定の成分に強いアレルギーなどをお持ちの方は別として、全成分だけでわかることは少ないのが正直なところです。

つまり、最後は試してみるしかないのです。とはいえ、肌に合わないものを購入して無駄な買い物をするのは嫌ですから、トライアルサイズなどで「わたしの肌に合うか」をちゃんと確認しましょう。

ですから、実際に製品を購入する前にトライアルセットなどを利用して、本品を購入する前に「わたしの肌に合うか」を確認しましょう。

>>詳しく知りたい方はコチラ

敏感肌こそ使いたい、自然派化粧品

肌への刺激が少ない自然派化粧品(オーガニックコスメ)であれば、生まれつき敏感肌の方でも使えるものが多く、健やかな肌を保ちやすくなります。自分に合ったスキンケアを選ぶ際の注意点をチェックしておきましょう。

・自然由来の成分が使われている化粧品を選ぼう
敏感肌の方の多くは、肌への刺激になりやすい、合成香料、パラベンなどの合成防腐剤、合成添加物などが使われているスキンケアを避けているかと思います。 いわゆる敏感肌用化粧品の多くはこれらの成分を配合していないものがほとんどです。敏感肌用化粧品は安心感がありますが、シンプルで無臭のものも多く、物足りなさを感じる、と思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで注目されはじめているのが、自然由来の成分が使われた自然派化粧品です。オーガニックコスメとも呼ばれ、敏感肌の方でも使いやすいアイテムが増えています。天然成分だけで作られた自然派化粧品(オーガニックコスメ)の多くは、合成香料、パラベン・フェノキシエタノールなどの合成防腐剤、合成添加物などの旧表示指定成分まで避けることができるものがほとんど。
しかし、天然成分だからといって全てが低刺激というわけではないので注意しましょう。
精油やエタノール、植物エキスやオイルの不純物など、低刺激とは言い切れない成分もあります。

今注目されているのが、沖縄の「月桃」や「海ブドウ」

今注目を集めているオーガニックコスメの中でも、より安心して使いたいという方に支持されているのが国産のもの。
自然派コスメの原料は全国各地で作られていますが、最近特に注目されているのが沖縄の「月桃」や「海ブドウ」です。
沖縄では、たくましく育つ植物や海のエネルギーは人の心や体を元気にしてくれる「ぬちぐすい(命の薬)」だと信じられているそう。

「月桃」の持つスキンケア効果とは?

「月桃」の持つスキンケア効果とは?

近年注目を集めている「月桃」の持つ美容パワー。具体的にどのような効果があるのか、詳しく確認していきましょう。

・「月桃」とは?

月桃はショウガ科の多年草で、強い日差しを浴びながら高さ2~3mまで育ち、光沢のある濃い緑の葉を茂らせるたくましいハーブです。
沖縄では古くから厄除けに用いられており、今でも1年に1度、健康祈願と厄除けに月桃の葉で餅を包んだ「ムーチー」を食べる習慣があります。
この習慣に興味を持った琉球大学の教授が月桃の研究をはじめたことから、月桃の持つ美容パワーが判明し、近年注目を集めています。

・「月桃」の持っているスキンケア効果

紫外線やストレス、不規則な生活などによって発生する活性酸素は肌にとっての大敵。肌の老化の原因となる活性酸素を抑えるためには、抗酸化物質が含まれる化粧品が必要だと考えられます。
月桃100g中に含まれるポリフェノールはなんと1630mg。抗酸化物質が豊富に含まれていることで有名なブルーベリーの約6.7倍ものポリフェノールが含まれています。さらに、月桃葉精油には、高い抗酸化力をはじめ、抗菌・抗炎症作用、さらにコラーゲン分解抑制作用などが認められているそう。
比較的刺激が少なく、敏感肌でも使いやすいスキンケア原料といえるでしょう。
スパイシーで爽やかな甘みのある香りも魅力のひとつ。自然な香りを楽しみながらスキンケアを行えるメリットもあります。

「海ぶどう」の持つスキンケア効果とは?

「海ぶどう」の持つスキンケア効果とは?

現在、月桃とともに高い効果を持つ美容成分として注目されているのが「海ぶどう」です。海ぶどうの持つスキンケア効果は、とにかく高い保湿力を持つこと。保護膜を作り出して肌をしっとりと保湿してくれる上に、肌内部の水分を守る「天然保湿因子」に欠かせないアミノ酸も豊富に含まれています。敏感肌の方にとっては、肌を保護しながらバリア機能を強化してくれる、願ってもない成分だと言えますね。
さらに、メラニン色素を抑制する「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑えて、シミを予防してくれる効果があることも見逃せません。肌の活性酸素を除去し、老化を防いでくれる「ポリフェノール」も含まれているので、保湿力とともにアンチエイジングにも効果が期待できるでしょう。

参考『(PDF)天然保湿因子(NMF)産生酵素の性質とバリア機能』

自然由来の美容パワーを取り入れて

生まれつき敏感肌の方は低刺激で肌への負担が少ないスキンケア選びが重要です。と、同時に、保湿ケアを徹底しバリア機能を高めることで、肌トラブルの軽減を目指しましょう。中でも、自然派化粧品(オーガニックコスメ)は、自然由来の香りを楽しみながら高い美容パワーも期待できると今注目されています。自然派コスメのメリット・デメリットを理解し、原料をしっかりチェックしながら吟味してみてくださいね。

荒浪 暁彦_あらなみクリニック総院長 <この記事の監修>
荒浪 暁彦
あらなみクリニック総院長
慶應義塾大学
漢方医学センター非常勤講師

【あらなみクリニック公式HP】
https://www.bihada-clinic.com/
 

浜松医科大学卒業後、同大皮膚科入局。同大皮膚科助手、関連病院医長などを経て、漢方医学、美容医学を学んだ後、静岡県島田市にあらなみクリニック開設。同院は医者が選んだ専門病院(ライフ企画)及び、オリコンメディカルでは東海4県(愛知、岐阜、三重、静岡)皮膚科部門で、医療水準1位、総合評価2位に選出され、全国アトピーの名医(日本医療企画)にも静岡県で唯1人選ばれた。浜松医科大学及び慶應義塾大学非常勤講師を兼務し、千葉県船橋市にも分院開設。